[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構

ホーム > alicの役割・必要性 > 需給調整・価格安定対策 > 乳製品の輸入・売渡し

乳製品の輸入・売渡し

印刷ページ
最終更新日:2019年3月26日
alicの業務はすべての人のために 〜日本の食をつくり、守り、食べ、今、そして未来の〜
1

バターや脱脂粉乳などの乳製品は、消費者や食品メーカーなどの需要に応じて安定的に供給される必要が・・・

2

このため国内での生産を基本としながら、alicが国際約束に基づき乳製品を輸入。

3

実は牛乳・乳製品の需給は、天候の影響を強く受けるもの。

4

乳牛も生き物。暑いと出る乳の量が減るし、悪天候などで牧草の生育が悪くても乳量が減ります。

5

乳量が足りなくなっても、すぐには増えない。牛も人間と同じで、お産をしないと乳が出ないので。

6

また、暑いと牛乳がよく売れて乳製品に向ける生乳が少なくなる

7

一方、不足するからといって、安価な輸入品が無秩序に入ったら、国産の乳製品が大打撃。 農家も消費者もみんなUNHAPPY!!

そこでalicの出番!!

国内の需給動向などを注視しながら、必要な品目、数量やタイミングを国と相談の上、追加的な輸入・売渡しも行っています。




このページのトップへ