[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > かぶと鮭のペペロンチーノ

かぶと鮭のペペロンチーノ

印刷ページ

最終更新日:2020年8月25日

かぶと鮭のペペロンチーノ
 さけに含まれる「アスタキサンチン」という赤い色素は抗酸化作用に優れ、細胞膜の保護等の働きがあり、さけは最近、美容面でも注目の食材です。
 真っ白なかぶと茎葉の緑とのコントラストも美しく、目でも楽しめる一品です。
 かぶに含まれる酵素を生かすために、加熱時間は短くしましょう。
 パスタと一緒にかぶを茹でれば時間短縮になります!

材料(1人分)

かぶ(小)   2個
生ざけ   1切れ
スパゲッティ   80g
A    
 オリーブオイル   大さじ2
 にんにく(みじん切り)    1/2かけ
 赤唐辛子(種を除く)    1/2〜1本
塩・こしょう   各適量
白ワイン   大さじ1/2

作り方

  1. かぶは茎葉を切り落として皮をむき、12等分のくし形切りにし、茎葉は3cmの長さに切る。生ざけは皮と骨を除いて一口大に切り、塩、こしょうをふる。
 
  1. 鍋に湯を沸かし、塩(湯2リットルに塩大さじ1強が目安)とスパゲッティを入れて、表示時間に従って茹で始める。同時にフライパンにAを入れて弱火にかけ、香りが出たら生ざけを入れ、軽く焼き色がついたら白ワインをふってアルコール分を飛ばす。
 
  1. 2の鍋のスパゲッティが茹で上がる3分前にかぶを入れ、一緒に茹でて水気をきる。

  →茹で汁も大切な調味料!少し残しておくこと。
 

  1. 2のフライパンに3の茹で汁を大さじ2加えて乳化させ、3のスパゲッティと水気を切ったかぶを加えて全体にからめる。茹で汁で塩加減を調整し、こしょうをふって完成!
  • アンチョビーがあれば、にんにくと一緒に炒めると、さらに魚介の香りが引き立ちます!
  • 葉に含まれるカロテンは、油と相性がよく、さけに含まれるビタミンDはカルシウムの吸収を促進してくれるので、非常にバランスのいい一品です。
レシピ作成者:高松 京子
(出典:ベジシャス第13号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.