[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > セルリーといかの中華炒め

セルリーといかの中華炒め

印刷ページ

最終更新日:2020年8月25日

セルリーといかの中華炒め
 いかにはタウリンが多く含まれています。
 タウリンは疲労回復や滋養強壮、さらに中性脂肪や血中コレステロール値の引き下げ等、サラリーマンには嬉しい成分です。
 しょうがをたっぷり入れて、体も温まる一品です。
 身体を温める”しょうが”もたっぷり摂れます。

材料(1人分)

するめいか(冷凍も可)     1杯
セルリー     1本
しょうが     1/2かけ
中華スープの素     小さじ1
鷹の爪     少々
    大さじ1
塩・こしょう     少々
サラダ油     大さじ1
ごま油     大さじ1/2
水溶き片栗粉(片栗粉1:水3)     大さじ1

作り方

  1. するめいかは足とワタを取り、1cm程度の輪切りにする。セルリーは斜めに切り(そぎ切り)、しょうがは薄く切っておく。
  2. フライパンを中火にかけ、サラダ油としょうがを加え、焦げないように注意しながら炒める。香りがたってきたらいかと酒、鷹の爪を加え、さらにセルリーを加えて炒める。
  3. 中華スープの素、塩・こしょうで味を整え、セルリーが少ししんなりとする程度で火を止める。
  4. 水とき片栗粉をまわし入れ、手早くかき混ぜ、最後にごま油を加え、30秒だけ中火にかけたらできあがり。セルリーの葉は刻んで薬味としてトッピング!
  • 大き目にカットしたしょうがの存在がアクセントになる1品。セルリー独特の香りとしょうがの風味が意外なほどいかによく合います。
レシピ作成者:中山 晴奈
(出典:ベジシャス第14号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.