[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > ピーマンと砂肝のバターじょうゆ炒め

ピーマンと砂肝のバターじょうゆ炒め

印刷ページ

最終更新日:2020年8月25日

ピーマンと砂肝のバターじょうゆ炒め
 ピーマンはビタミンCもカロテンも豊富でお肌の強い味方。
 ビタミンCが砂肝のコラーゲンの吸収を助けるのでベストな組み合わせです。
 バターを加えるとピーマン独特の風味が気にならず、食べやすくなります。
 ピーマンのビタミンCは熱にも強く壊れにくい!

材料

ピーマン(乱切り)     1個
赤ピーマン(乱切り)     1/2個
たまねぎ(乱切り)     1/8個
砂肝     60g
にんにく(薄切り)     2枚
サラダ油     小さじ2/3
    小さじ1
しょうゆ     小さじ1
バター     5g
粗びき黒こしょう     少々

準備

材料を乱切りにする。
→具材の大きさを揃えると、均一に火が通り、見た目もきれいに仕上がる。

作り方

  1. 砂肝は表面の白い皮や筋をそぎ取って薄切りにする。
  2. フライパンにサラダ油とにんにくを入れて弱火にかける。香りがでてきたら1の砂肝を入れ、中火にして火が通るまでよく炒める。
  3. 少し火を強めて、たまねぎ、ピーマン、赤ピーマンの順に加えて炒める。酒、しょうゆ、バターを加え、全体にからまったら火を止め、粗びきこしょうをふって仕上げる。
 ※バターとしょうゆを入れたら加熱しすぎないように注意する。せっかくの風味が飛んでしまう。
  • 緑色のピーマンが熟したものが赤ピーマンです。緑色のものに比べて開花から収穫まで2倍程度の時間がかかるので出荷数量は少なめですが夏の時期は多く出回っています。栄養価も高く甘味があり、彩りも鮮やかになるので、ぜひ、赤ピーマンもお使いください。
  • ご飯のおかずにも、ビールのおつまみとしても最適です!
レシピ作成者:高松 京子
(出典:ベジシャス第8号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.