[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > しゅんぎくのジェノベーゼ風ペンネ

しゅんぎくのジェノベーゼ風ペンネ

印刷ページ

最終更新日:2020年10月26日

しゅんぎくのジェノベーゼ風ペンネ
 10分でできる洋風レシピ!
 いつもと違った味つけでいただきます。
 しゅんぎくを洋風にアレンジ☆香りが楽しめる一品です。

材料(1人分)

しゅんぎく     100g
ペンネ     80g
粉チーズ     大さじ2
松の実(又はクルミ)     大さじ1
にんにく     半かけ
オリーブオイル     大さじ1+1/2
    適量
コショウ     適量

作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、塩をかなり多めに入れて、ペンネをゆでる。
 
  1. しゅんぎく、にんにく、松の実はみじん切りにしておく。
 
  1. フライパンにオリーブオイルとにんにく、松の実を入れ、低温でゆっくりと加熱する。
(ポイント)
 ペンネの茹で上がりに合わせて、2に火を通しておけば、熱々のうちに混ぜられる。
 
  1. にんにくの香りが立ってきたら、しゅんぎくを一つかみ残して加え、しんなりするまで炒める。
 
  1. 4に粉チーズを加え、ペンネのゆで汁をおたま1杯分加え、塩、コショウで味を調える。
 
  1. ソースにペンネを合わせ、ざっと混ぜたら完成。お皿に盛って、4で残しておいた生のしゅんぎくをかけていただく。
  • しゅんぎくはアクがないので、香りが好きな人は最後に生のしゅんぎくをたくさんかけてください。
  • ペンネの他にもスパゲッティ等でも代用できます。
  • しゅんぎくのソースは、多めに作っても冷蔵庫で2〜3日保存ができます。
  • 今回のレシピのアレンジとして、最後に生クリームを加えるとコクがあってまた違う味が楽しめます。
レシピ作成者:中山 晴奈
(出典:ベジシャス第22号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.