[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > 塩水漬けらっきょうと桜えびのアヒージョ風

塩水漬けらっきょうと桜えびのアヒージョ風

印刷ページ

最終更新日:2020年11月25日

塩水漬けらっきょうと桜えびのアヒージョ風
 アヒージョは、スペインのタパス(小皿料理)の一種で、オリーブオイルとにんにくの煮込み料理です。今回はにんにくの替わりにらっきょうを使います♪
 うま味がオイルに染みこんでいるので、バケットに浸して食べましょう♪

塩水漬けらっきょうと桜えびのアヒージョ風

材料(1人分)

塩水漬けらっきょう(塩抜きなし)     2〜3個
太白ごま油又はオリーブオイル     大さじ5(75cc位)
桜えび     大さじ1
赤とうがらし(種を取り除く)     小さめ1/2個
レモン汁     小さじ1/3〜1/4
黒こしょう     適量

作り方

  1. 塩水漬けらっきょうは、よく水気を切り、横薄切りにする。
  2. 鍋に1のらっきょうと桜エビ、赤とうがらし、太白ごま油をひたひたになる位まで加え、弱火で煮立てる。火を止めた後、黒こしょうとレモン汁を加える。

塩水漬けらっきょう

材料(1人分)

らっきょう     100g
A      
 水     100cc
 天然塩     5g
昆布     2〜3cm角
赤とうがらし(種を取り除く)     小さめ1/2個

作り方

  1. らっきょうは、ザブザブと水で洗って土を落とし、薄皮をむく。株がつながっているものは、バラバラにする。
 
  1. 芽先とひげ根を切り落とし、軽く洗い、ザルにあげて水気をよく切る。
(ポイント)
 芽先もひげ根も深く切りすぎると歯触りが悪くなるので、注意。痛んでいる部分があれば、厚めにむいて取り除く。
 
  1. 熱湯消毒した容器に、らっきょう、とうがらし、昆布を入れておく。
 
  1. 鍋に、材料Aを入れて煮立たせ、3に注ぎ入れる。粗熱がとれたら、冷蔵庫に入れる。そのまま2〜3日漬けると、らっきょうの塩水漬けの完成!冷蔵庫に保存して、2〜3週間以内に食べきる。
(ポイント)
 塩分が強いので、食べる時は塩加減をチェックする。薄い塩水又は水に漬けて、好みの加減に塩抜きをする。
レシピ作成者:菊間 恵子(ナチュラルフードスタイリスト)
(出典:ベジシャス第42号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.