[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > 冬春きゅうりの自家製ラー油漬け

冬春きゅうりの自家製ラー油漬け

印刷ページ

最終更新日:2020年12月3日

冬春きゅうりの自家製ラー油漬け
 なんとラー油も手作り!でも意外と簡単です。
 保存容器に移せば冷蔵庫で1晩〜3日ほど保存が可能です。食べだしたら止まらないおいしさなので、たくさん作り置きしましょう。

材料(1人分)

きゅうり     2本
しょうゆ     大さじ2
    大さじ1
はちみつ     小さじ1
    小さじ1
*サラダ油     100cc
*ごま油     50cc
*とうがらし     大さじ5
*しょうが(みじん切り)     大さじ1
*にんにく(みじん切り)     大さじ1
*さんしょう     お好みで

作り方

  1. きゅうりは洗って水気を切り、縦半分に切る。柔らかい種のところをスプーンでこそげるように軽く取り除いたら、5cm程度に食べやすく切る。
 →種を取り除くことで傷みにくくなる。
 
  1. 1に塩をまぶし、10分ほど置く。流水で塩気を軽く落とし、水気を切っておく。
 
  1. ラー油をつくる。*マークの材料をすべて合わせて鍋に入れ、香りと色が出るまで、ごく弱火で焦げないようにゆっくりと加熱する。
 →とうがらしの色を油に移すようにじっくり加熱する。辛い香りが漂う。
(ポイント)
 にんにくは潰してから、しょうがはスライスしてから細かくみじん切りにする。
 
  1. しょうゆ、酢、はちみつをボウルに合わせ、混ぜておく。はちみつが溶けにくい場合は電子レンジで30秒ほど温め、溶かしておく。
 
  1. 4に2のきゅうりを合わせたら、3のラー油を熱いうちに大さじ1程度かけて全体に絡める。保存容器に移して30分以上つけたら出来上がり。
(ポイント)
  • 容器にきゅうりをたくさん詰めるとタレが少なくてすむ。
  • 保存用のビニール袋でも可。
  • 辛いのがお好みの方は鍋に残ったラー油も足して・・・
レシピ作成者:中山 晴奈
(出典:ベジシャス第53号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.