[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > なすとトマトの和風麻婆

なすとトマトの和風麻婆

印刷ページ

最終更新日:2020年12月25日

なすとトマトの和風麻婆
 お豆腐が入らない野菜たっぷりの和風麻婆は意外にもボリュームたっぷり。新感覚の一品です。白いご飯との相性も抜群です。
 本格的な味なのに調味料はごく普通のものばかりだから思いついた時にすぐ作れます。

材料(1人分)

なす     小2本(約160g)
トマト     小1/2個(約55g)
しょうが     1/2かけ
ねぎの青い部分(あれば)     少々
ねぎ     3cm
サラダ油     大さじ1+1/2
豚ひき肉(できれば赤身)     50g
赤とうがらしの小口切り     少々
 A      
 だし汁     80ml
 砂糖     小さじ1/2
 酒、しょうゆ     各大さじ1/2
 みそ     大さじ1/2
B      
 片栗粉     小さじ1/4
 水     小さじ1/2

下準備

  • AとBはそれぞれ混ぜ合わせておく。
(ポイント)
 炒めものはスピードが大切。調味料類は最初に混ぜておく。

作り方

  1. なすはへたを落とし、縦4等分、半分の長さに切り、水にさらして水気を拭く。
(ポイント)
  • なすが水に浮かないよう上からキッチンペーパーをかぶせる。
  • 油がはねないようなすの水気はきちんと拭く。
 
  1. トマトはへたを取ってくし形に切る。しょうがとねぎはそれぞれみじん切りにする。
(ポイント)
 ねぎの青い部分を少し入ると色どりがぐんと良くなる。
 
  1. フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、1を入れてしんなりするまで炒め、いったん取り出す。
(ポイント)
 なすは皮目から入れてじっくり火を入れる。ひっくり返したら皮がいい色に。
 
  1. 3のフライパンに残りのサラダ油、しょうがとねぎを入れて中火で香りが出るまで炒め、ひき肉を加えて色が変わるまで炒める。
 
  1. 3のなすを戻し入れ、トマトと赤とうがらし、混ぜ合わせたAを加えて1〜2分煮、混ぜ合わせたBを加えてとろみをつける。皿に盛りつける。
(ポイント)ダマにならないとろみのつけ方
 水溶き片栗粉は一旦火を止めてから所々に少量ずつ入れ、大きく混ぜてから再び火にかけ、フツフツしたら火を止める。
レシピ作成者:高松 京子
(出典:ベジシャス第52号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.