[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > のらぼう菜のフリットと新じゃがの素揚げ

のらぼう菜のフリットと新じゃがの素揚げ

印刷ページ

最終更新日:2020年12月25日

のらぼう菜のフリットと新じゃがの素揚げ
 フリットはたっぷりの油で揚げた料理のこと。衣のコーンスターチがサクッと仕上げてくれます!

材料(1人分)

のらぼう菜     2〜3本
新じゃがいも     3個
塩、粗びき黒こしょう     各少々
     
 薄力粉     50g
 コーンスターチ(またはかたくり粉)     50g
 ベーキングパウダー     5g
 塩     ひとつまみ
 水     約120ml
カレー塩      
 カレー粉     小さじ1/3
 塩     小さじ1
レモン     1/4個
揚げ油      

作り方

  1. のらぼう菜は4〜5cmに切り、茎の太い所はさらに縦半分に切る。
 
  1. 新じゃがいもはよく洗い(大きさによっては半分に切って水にさらした後)水気を拭く。皮つきのままでよい。
 
  1. 小さめのフライパンにサラダ油を2〜3cmの深さまで注ぎ、油が冷たいうちから2を入れて中火にかける。じゃがいもから気泡が出てきたら、8分を目安に時々上下を返しながら揚げ焼きし、油をきって塩、こしょうをふる。
(ポイント)
 じゃがいもから出てくる気泡が小さくなったら揚げあがりのサイン
 
  1. ボウルに薄力粉〜塩までを入れて泡立て器で混ぜ合わせ、水を少しずつ加えてだまのないように混ぜて衣を作る。
(ポイント)
  • 真中に水を入れて回りの粉を少しずつ崩すように混ぜる。
  • 生地はさらっと落ちるくらいの濃度。
 
  1. 4の衣に1をくぐらせ、170度に熱した油でカラッと揚げ、油をきって3と共に皿に盛りつける。カレー粉と塩を混ぜ合わせたもの、レモンを添える。
(ポイント)
  • 衣をつける前に薄く小麦粉をはたくと衣のつきがよい
  • 170度の目安は衣を落とした時に底まで沈んで1秒で浮いてくる状態
  • レモンは真ん中に切れ目を入れると果汁が絞りやすくなる
  • 衣の一部をコーンスターチにするとサクッと揚がり、時間がたってもしんなりしません。
  • この他抹茶塩などもおすすめですが・・・塩だけでも十分おいしい!
レシピ作成者:高松 京子
(出典:ベジシャス第70号
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.