[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の消費拡大・需給協議会 > たまねぎドレッシング〜チキンソテー〜

たまねぎドレッシング〜チキンソテー〜

印刷ページ

最終更新日:2021年3月25日

たまねぎドレッシング〜チキンソテー〜
 たまねぎの甘み、ほんのりとした辛味がきいた万能ドレッシングです。チキンソテーの他にサラダ、サーモンソテー、豆腐などにかけてもおいしいです。
(野菜重量50グラム)

材料(1人分)

たまねぎ     50g
A      
 レモン汁     大さじ2+1/2
 しょうゆ     大さじ1+1/2
 みりん     大さじ1+1/2
 砂糖     大さじ1強
 オリーブ油     大さじ2+1/2
 塩     ひとつまみ
鶏もも肉     150〜200g
オリーブ油     適量
塩・こしょう     少々

作り方

  1. たまねぎは、繊維に直角に薄切りにする。
  2. ボウルにAの調味料を入れよく混ぜ合わせ、1のたまねぎを加える。15〜20分ほど置くと、たまねぎと調味液がなじんでくる。
  3. 鶏もも肉は、両面に塩・こしょう(少々)をふる。オリーブ油(適量)をひき、弱火〜中火で熱したフライパンに皮側を下にして入れる。皮がこんがりするまでじっくり焼き、反対側も焼く。もう一度上下を返し、蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
  4. 3の鶏もも肉に、2のドレッシングを適量かけて出来上がり。
(ポイント)
  • ドレッシングを作る際、オリーブ油以外の調味料を先によく混ぜ合わせてから、最後にオリーブ油を加えると味がまとまりやすくなります。
  • レモン汁を使用すると酸味がマイルドになり、香りもよくなります。代用として米酢でもおいしく仕上がります。
  • オリーブ油を使用すると風味や香りがよくなります。代用としてサラダ油、太白ごま油(生搾りのごま油)でもおいしく仕上がります。
  • たまねぎの辛味が気になる方は、水にさらして下さい。調味液に加える時は、キッチンペーパー等でよく水気をきってください。
  • 新たまねぎ、貯蔵たまねぎ(普通のたまねぎ)のどちらでもおいしくできます。ぜひ、新たまねぎのおいしいこの時期にお作り下さい。(貯蔵たまねぎの場合、甘みが減り、辛味が少し強くなります。)
  • たまねぎの辛味と香りの成分の一種は、血液をサラサラにしてくれる効果があるとされています。時間がある場合は、たまねぎを切ってから15〜30分程おいて、空気に触れさせると酵素の働きで十分に摂取できるとされています。
レシピ作成者:菊間 恵子
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.