[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の消費拡大・需給協議会 > はくさいのチヂミ

はくさいのチヂミ

印刷ページ

最終更新日:2021年10月25日

はくさいのチヂミ
 韓国では定番の「ペチュジョン」と呼ばれる家庭料理です。具ははくさいのみですが、周りはカリッ!中はジュワ〜っとはくさいの良さが新発見できる料理です。材料も少ないので気軽にできますよ。
(野菜重量:300グラム)

材料(1人分)

はくさいのチヂミ 材料
はくさい     3枚
  小麦粉     大さじ1
A 上新粉(またはかたくり粉)     大さじ1
  だし汁     80ml
  しょうゆ     大さじ1
B ごま油     小さじ1
白ごま     小さじ1/2
  コチュジャン     お好みで

作り方

1. はくさいはなるべく内側の柔らかい葉を選ぶ。ボウルにAを合わせ、衣を作っておく。
2. フライパンにサラダ油(分量外)を多めにひき、弱めの中火にかける。はくさいを1枚ずつ1の衣にくぐらせて並べて焼く。
3. 焼き色がついたら裏返す。フライ返しで押し付けるようにして焼くと平らになる。
4. 3を皿に盛り、Bを混ぜたたれを添える。

(ポイント)
  • はくさいの芯が分厚いときは少し塩をして10分ほどおくと少ししんなりして焼きやすくなります。
  • 盛り付けは大きな葉っぱのまま盛り、食べるときに箸で割いて食べますが、食べにくいときは焼いた後に一口大に切って盛り付けてください。

応用編

  • ズッキーニやしいたけ、豆腐や魚なども衣をつけて焼くと同様にジョンになります。
  • 日本で知られているチヂミは具だくさんですが、韓国では野菜や魚を天ぷらのように1種類ずつ焼き上げて盛り付けるジョン(チヂミ)が一般的です。その中でもはくさいのジョンは家庭料理としてよく作られています。天ぷらよりも油が少なく済むので気楽に作れておすすめです。
レシピ作成者:中山 晴奈
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9449



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.