[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の消費拡大・需給協議会 > 焼きねぎの南蛮漬け

焼きねぎの南蛮漬け

印刷ページ

最終更新日:2022年11月24日

ねぎ南蛮

作り方

1. 長ねぎは白い部分を4センチの長さに切り、青い部分は斜め薄切りにする。  
2. 小鍋にAを入れて煮立て、火を止めて赤唐辛子を加え、バットに移す。  
3. フライパンに薄くサラダ油をひいて弱めの中火で熱し、1の白い部分を並べる。
焼き目がついたら裏返して蓋をし、弱火にしてじっくり火を通す。
4. 1の青い部分を油をひいたフライパンでしんなりするまで炒める。  
5. 2に3と4を漬けて最低15分ほどおき、味をな
じませる(途中上下を返す)。
6. ねぎの白い部分を下に、碧い部分を上に盛り付け、色味良く赤唐辛子を添えたらできあがり。

(ポイント)
・ 焼き色がつくまでは動かさない方がきれいな焼き目が付きます。
・ 長ねぎは焼きたての熱いうちに漬けると味がよく入ります。

■応用編
・ 一口大に切った鶏肉や魚に小麦粉をまぶして焼いた(または揚げた)ものを一緒に漬け込むとボリュームのある一品になります。その際、必要に応じて漬け汁を増やしてください。
・ 南蛮漬け汁の代わりに市販のぽん酢に漬けても良いでしょう。
   

レシピ作成者:高松 京子



 
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜業務部 (担当:管理課)
Tel:03-3583-9471



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.