[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
でん粉 でん粉分野の各種業務の情報、情報誌「でん粉情報」の記事、統計資料など

ホーム > でん粉 > でん粉のあれこれ > 「でん粉」表記と宇田川榕菴

「でん粉」表記と宇田川榕菴

印刷ページ

最終更新日:2011年5月6日

「でん粉」表記と宇田川榕菴

2011年5月

社団法人 菓子・食品新素材技術センター副理事長
静岡大学客員教授 中久喜 輝夫

 最近、「でん粉」という文字を目にするたびに考えてしまうことがある。「澱粉」の漢字表記の件である。現在、「澱粉」は「澱」の漢字が常用漢字となっていないため、「澱粉」が公用語として使用されておらず、日本応用糖質科学会などの学界を除いて、一般に「でん粉」、「デンプン」、または「デン粉」などの表記が用いられている。

 「澱粉」という言葉は、江戸時代の蘭学者、宇田川うだがわ榕菴ようあんが著書「舎密開宗せいみかいそう」に記載したのが最初といわれている。榕菴は1798年(寛政10年)3月9日、大垣藩医の江沢養樹の長男として江戸で生まれた。英才を望まれて14歳の時に津山藩医、宇田川榛斎の養子になり、植物学を学び「西洋せいようきょう」(1822年)や「植学啓原そくがくけいげん」(1833年)を著し、日本に初めて西洋植物学を紹介した。

 その後、榕菴は薬物学や植物学の次に化学に情熱を傾注し、1837年、40歳の時に「舎密開宗」初編を上梓した。舎密とはオランダ語の化学を意味する「chemie」の音訳で、「舎密開宗」とは化学入門という意味である。その中で、オランダ語の「zetmeel」あるいは「zetpoeder」を訳して「澱粉」という日本語の訳語を考案した。「zet」は置く、澱(よど)む、沈むという意味であり、「meel」や「poeder」は粉という意味で、英語の「meal」、ラテン語の「mylum」と同類語でmillに由来する言葉である。従って、「zetmeel」や「zetpoeder」は水を加えても不溶で沈む粉という意味になる。榕菴が残した草稿を見ると、最初それを「セットメール沈粉」と訳しており、後に、「沈粉」を「澱粉」と改めている。1846年(弘化3年)、榕菴は予定していた「舎密開宗」の完結版の刊行を果たせないまま49歳の若さで逝去した。

 その後、日本国内では、「澱粉」という名称以外に、「漿粉」(ショウフ)や「粉質」という言葉が併用されたりしていたが、明治時代の半ばになって初めて「澱粉」が一般的に使用されるようになった。すなわち、榕菴によって「澱粉」という名称が考案された後も、原料によって種々の名前が使用されていたが、長い時間を経てやっと「澱粉」という名称が文字通り定着する事になったわけである。

 現在、「澱」が常用漢字にないため、「澱粉」が一般的に使用されないばかりか、本来の「沈澱」が「沈殿」と辞書にまで掲載されている憂うべき現状にある。従って、一日も早く、「澱」が常用漢字として登録され、「澱粉」が公用語として広く使用される事を切に願うものである。そのことによって、「舎密開宗」の完結版を見ないまま亡くなった宇田川榕菴の労も報われ、霊も慰められることになるだろう。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.