[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【機構の動き】alic設立10周年を迎えて

【機構の動き】alic設立10周年を迎えて

印刷ページ

最終更新日:2013年11月6日

設立10周年記念式典
設立10周年記念式典
 独立行政法人農畜産業振興機構(alic)は、平成 25 年 10 月1日をもって設立 10 周年を迎えました。alicは、平成8年設立の農畜産業振興事業団と昭和 51 年設立の野菜供給安定基金を統合し、平成 15 年 10 月1日に設立されました。
 新生alicは、時代の新たなニーズに応じて、基幹業務として昭和 41 年から続いてきた蚕糸業務を平成 19 年度に廃止する一方で、砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律の施行に伴い、新たにでん粉業務を開始するとともに、併せて事業の柱も経営安定、需給調整および緊急対策へと重点化を図り、それに即して組織体制も大幅に見直してきました。
 この 10 年におけるalicの業務を取り巻く情勢をみると、畜産では、口蹄疫、BSE、鳥インフルエンザ、配合飼料価格及び燃油価格の高騰、東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故など相次いで不測の事態が発生し、野菜では、カット野菜など加工・業務用需要が急速に拡大し、砂糖・でん粉では、生産者に対する直接支払いの要請が高まるなど、農畜産業をめぐる情勢はめまぐるしく変化してきました。
 alicは、これらの情勢の変化を受けて、生産者の経営安定対策、需給調整・価格安定対策のための基軸となる取組みを実施するとともに、口蹄疫等の緊急事態には畜産農家及び業界関係者への支援に取り組むほか、野菜の加工・業務用需要に対応するための新たな事業の実施や砂糖・でん粉生産者への直接支払いの実施に取り組むとともにalicセミナーの実施などを通じて消費者への情報発信にも取り組んできました。
 この 10 年間の関係各位の温かいご支援、ご指導に心から感謝いたしますとともに、農畜産業及び関連産業の健全な発展と国民消費生活の安定に、なお一層努力して参る所存です。

前のページ               次のページ

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.