[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【まめ知識】ヨーグルトを食べて免疫力をアップさせよう!

【まめ知識】ヨーグルトを食べて免疫力をアップさせよう!

印刷ページ

最終更新日:2021年3月3日

いろいろ1

 昨年は新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が、社会のシステムや人々の生活に大きな影響をもたらしました。感染拡大防止の観点から「新たな生活様式」が取り入れられ、日常生活を送る上でさまざまな変化を余儀なくされました。このような状況下で、私たち一人ひとりができることの一つに「免疫力を高め、健康な体をつくる」ことが挙げられます。
 健康な体をつくるには、栄養バランスの良い食事とともに「腸内環境を整える」ことの重要性が最近の研究で明らかになってきました。これは、腸が栄養の吸収や排せつに関わるだけでなく、身体の免疫細胞の約7割が集中する免疫器官で、腸内に共生する「腸内細菌」が免疫細胞に働きかけ、全身の免疫システムに大きな影響を及ぼしているためです。「発酵食品」の中でもスーパーやコンビニエンスストアなどで販売されていて、手軽にデザート感覚で食べることができる「ヨーグルト」は腸内環境を整えるのに最適です。
 ヨーグルトは、乳酸菌を利用した食品の代表格です。牛乳に含まれる豊かな栄養(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、カルシウムなど)が、乳酸発酵によって、より吸収されやすくなっています。ヨーグルトの乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、良好な腸内環境をつくるのに役立ちます。腸内環境に影響をもたらす善玉菌と悪玉菌の量は食習慣などに影響を受けることから、腸内環境の悪化は免疫力の低下にもつながることになるのです。
 また、ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、「美肌効果」「花粉症の予防・改善」「インフルエンザの予防効果」「血圧やコレステロールの低下作用」など、さまざまな効果が期待できると言われています。さまざまな種類のヨーグルトがありますので、お好みや体調などに合わせて是非毎日食べましょう。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.