[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【ご案内】最新の情報誌から

【ご案内】最新の情報誌から

印刷ページ

最終更新日:2022年6月6日

「畜産の情報」「野菜情報」「砂糖類・でん粉情報」

 alicでは、毎月、「畜産の情報」「野菜情報」「砂糖類・でん粉情報」を発行しています。
 情報誌では、需給動向の解説、海外の動向、国内の優良事例などをご紹介しています。
 今号は、最新の情報誌から、注目記事をご紹介します。
「畜産の情報」 6月号(5/25発行)
【海外情報】から
タイトル:コロナ禍におけるメキシコの豚肉需給動向
執筆者:調査情報部(現総務部総務課) 河村 侑紀
 安価で細かな技術力を持つ労働力や、疾病リスクの低い地理的特徴などの強みを生かして成長し続けてきたメキシコの豚肉産業について取り上げました。同国は、コロナ禍で経済が大きく混乱したものの、現在は力強い立ち直りを見せています。成長し続ける同国の豚肉市場を紹介します。

「野菜情報」 6月号(5/25発行)
【調査・報告】から
タイトル:生食用ばれいしょ生産者の第三者継承による新規就農の取り組みについて
     〜北ひびき農協(士別市)生産者の事例〜
執筆者:札幌事務所 石井 清栄
 生産者の高齢化や後継者不足によりばれいしょ栽培農家戸数が減少している中、北ひびき農協(士別市)の中村光晶氏は、平成23年から同地で第三者継承により新規就農しました。令和元年度に北海道農業公社の新規就農優良農業経営者表彰で最優秀賞を受賞し、現在では地域の指導者的役割を果たす同氏の取り組みなどについて報告します。

「砂糖類・でん粉情報」 5月号(5/10発行)
【話題】から
タイトル:“使い捨てから使い食べへ”食べられる食器の展開
執筆者:元株式会社丸繁製菓 特別研究員 村瀬 博重
 でん粉を原料とした器まで食べることができる食器の技術を応用し、「使い捨て」を「使い食べ」に変革する新しい可食カップを開発しました。開発の経緯と活用事例についてご紹介します。

ご紹介した記事のほか、需給情報などについては各誌webサイトをご覧ください。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.