[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
野菜 野菜分野の各種業務の情報、情報誌「野菜情報」の記事、統計資料など

ホーム > 野菜 > 各種業務の実施に関する情報 > 野菜の需給促進 > 『野菜需給協議会』へようこそ

『野菜需給協議会』へようこそ

印刷ページ

最終更新日:2017年6月1日

キャベツ
『野菜需給協議会』は独立行政法人農畜産業振興機構に事務局を置く組織です。
 
 〜野菜(Vegetable)を知って美味しく(Delicious)食べよう〜
野菜の旬ナビゲーション 
野菜需給協議会では野菜の消費拡大をめざして、旬の野菜に隠された「物語・魅力・不思議」を発掘し、レシピとともにご紹介する季節感あふれるコンテンツの配信をしています。
 
 野菜に関する疑問、質問も随時募集しています。
こちらまで、ご連絡下さい。
vegecious@alic.go.jp 
特集:キャベツ
産地ルポ:山森 壮太 さん(神奈川県三浦市)
今月の1人分レシピ:たっぷりキャベツのホット・マリネ

◆野菜のリーフレット(6品目)がダウンロードできます◆

野菜のリーフレット

イベント情報

イベント内容 日時・場所 対象・受講料 問い合わせ先
全農イベント情報 随時 - 全国農業協同組合連合会
(03-6271-8500)
農業・農村ギャラリーイベント 随時
農業・農村ギャラリー
- 全国農業協同組合中央会
※掲載をご希望の方は、下記ご参照下さい。

野菜の知識をブラッシュアップ!

野菜シンポジウムはこちら
セミナー情報はこちら

野菜リンク集

野菜と流通・消費〜商材別販売額・日本人の消費量〜

平成24年度カット野菜需要構造実態調査について
 近年、核家族化の進展や共働き世帯の増加に伴い、食の簡便化が進み、小売店では、購入してすぐに食べられるカット野菜の需要が増えていると思われます。
 本調査では、カット野菜の製造業者に対し、原料野菜の仕入れやカット野菜の製造・販売環境等に関するアンケート及びヒアリングを実施しました。
 また、消費者に対して、世帯、性別、年齢別にアンケートを行い、カット野菜に対してどのような認識を持っているのかについてWeb調査を実施しました。
 以上、2つの「カット野菜」に関する調査結果の概要を報告します。

平成24年度カット野菜需要構造実態調査事業(報告概要)
カット野菜の消費動向調査(web調査)

 
 
平成24年度カット野菜需要構造実態調査事業(報告概要)の一部訂正について
 平成25年2月28日付けで公表しました「平成24年度カット野菜需要構造実態調査事業(報告概要)」において、一部に誤りがありましたので以下の通り訂正しました。
 報告概要の6ページの問5では、カット野菜原料の主な品目(上位10品目)は、ねぎが1位となっていましたが、データに誤りが見つかり、集計仕直した結果、キャベツが1位となり、次いで、たまねぎ、だいこん、レタス、にんじん、じゃがいもと続き、ねぎは7位となりました。
 このため、報告概要を訂正して再掲載いたしました。報告書をご覧になった皆様にはご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

訂正(抜粋)

野菜の販売動向〜小売業の商材別販売額など〜
チェーンストア販売統計:日本チェーンストア協会
販売動向マンスリーレポート:日本スーパーマーケット協会 
野菜の需給価格動向:農畜産業振興機構『ベジ探』
○野菜の消費動向〜一人あたり購入数量など〜
家計調査年報:総務省統計局 
○野菜の輸出入情報
貿易統計:農畜産業振興機構『ベジ探』
植物防疫検査量:農畜産業振興機構『ベジ探』
○中食・外食産業の現状
総菜データ:(社)日本総菜協会
データからみる外食産業:(社)日本フードサービス協会

野菜と農業〜野菜ってどうやってつくるの?〜

○日本の農業の規模はどのくらい?
農林水産基本データ集:農林水産省
○いつ、どこで何を作っているの?
野菜マップ:農畜産業振興機構
○子供のための食育ツール
野菜・果実を理解する教育ツール:ファイブ・ア・デイ協会
野菜ブック〜食育のために〜:農畜産業振興機構
野菜づくりで発見!楽しく育てておいしく食べよう:農畜産業振興機構
○世界の農業
FAOstat:国際連合食糧農業機関 
USDA:米国農務省

野菜と健康〜野菜ってカラダにいいの?〜

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 野菜需給部 (野菜需給協議会事務局) (担当:需給推進課)
Tel:03-3583-9478



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.