[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 畜産の情報

畜産の情報

印刷ページ

最終更新日:2017年1月25日

◎各タイトルの右横にあるPDFファイル(PDFボタン)を押すと印刷用PDFが表示されます。

2017年2月号

■特集■ 生産基盤の強化に向けて
 ◆酪農経営の安定的な発展に向けて
  〜酪農ヘルパーによる担い手の確保・育成〜 PDFファイル
   一般社団法人酪農ヘルパー全国協会 事務局長 佐藤 千秋

 ◆北海道根室地域の酪農における試験研究と技術普及の現状と方向PDFファイル
   畜産・飼料調査所 御影庵主宰 阿部 亮

 ◆オール香川県で取り組んだ「オリーブ牛」の戦略
  〜畜産クラスター協議会「讃岐牛・オリーブ牛振興会」を対象に〜 PDFファイル
   岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授 横溝 功

 ◆繁殖雌牛増頭にまい進している宮崎県・綾町・JA綾町の官民連携PDFファイル
   中村学園大学 学長 甲斐 諭
 
■需給動向
 国内
 ◆牛肉 27年度肥育牛生産費、もと牛価格上昇により全品種で増加

 ◆豚肉 推定期末在庫、17カ月ぶりに前年同月を上回る

 ◆鶏肉 平成27年ブロイラー産出額、前年を上回る3416億円

 ◆牛乳・乳製品 バターは減産傾向も、在庫は高水準を維持

 ◆鶏卵 平成28年卸売価格、前年を下回る205円
 
 海外
 ◆主要畜産国の需給PDFファイル

 ◆牛肉
    (米国)牛肉輸出量はアジア向けが大幅に増加
    (豪州)2016 / 17年度の輸出は、牛肉、生体牛ともに大幅に減少する見込み
    (ブラジル)2016年は減産も、輸出は前年並み
   
 ◆豚肉
    (EU)輸出の伸びが縮小するも、豚価は高水準を維持

 ◆鶏肉
    (米国)鶏肉輸出、数量は増加も、金額は減少
    (タイ)2016年11月は輸出量・生産量とも増加
    
 ◆牛乳・乳製品
    (EU)生乳は減産傾向にあり、乳価は30ユーロ台まで回復
    (豪州)2016 / 17年度の生乳生産、前年度比5.7%減の見込み

 ◆飼料穀物
    (世界)世界のトウモロコシ生産量、3カ月ぶりに下方修正
    (米国)飼料等向けは下方修正も、エタノール向けは上方修正

■海外情報
 ◆ベトナムの豚肉需給の現状と課題PDFファイル
    調査情報部 青沼 悠平、伊佐 雅裕 

 ◆最近の乳価安に対するNZ酪農・乳業界の対応PDFファイル
   調査情報部 竹谷 亮佑、小林 誠
   畜産需給部 乳製品課 小田垣 諭司 

■機構から
 ◆平成29年度 畜産・酪農関係事業の概要についてPDFファイル
   畜産振興部

■農林水産省から
 ◆薬剤耐性(AMR)対策の推進について
   〜抗菌剤の慎重使用等対策を進め、消費者の信頼に応えましょう!〜PDFファイル
   農林水産省消費・安全局 畜水産安全管理課

 ◆わが国において、高病原性鳥インフルエンザが確認されました!PDFファイル
   〜家きん舎の一斉点検など、厳重な警戒を〜
   農林水産省 消費・安全局 動物衛生課 家畜防疫対策室

 

 

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ)
Tel:03-3583-4398  Fax:03-3584-1246



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.