[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > まめ知識<畜産のいろいろ>

まめ知識<畜産のいろいろ>

印刷ページ

最終更新日:2014年9月3日

牛肉の栄養といえば、たんぱく質がまず思い浮かびますが、ビタミンやミネラルも豊富に含まれ、優れた供給源になっていることはあまり知られていません。
このうち、ビタミンB2は抗酸化作用に優れ、過酸化脂質の生成を抑える効果があります。
また、抗酸化ビタミンや食物繊維を含む野菜と組み合わせることで、血管を若々しく保つ効果が期待できます。
さらに、牛肉は亜鉛も多く、コラーゲンの生成促進、免疫力強化にも役立ちます。
夏の疲れが出るこの時期にぴったりの牛肉と野菜を組み合わせたメニューをご紹介します。

※過酸化脂質は、中性脂肪やコレステロールなど体内の脂質が活性酸素によって酸化されたもので、動脈硬化や老化を早める原因の一つになるといわれています。

表

画像

レシピ

前のページ               次のページ

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.