[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 業務などに関する解説・紹介記事 > 第11回食育推進全国大会に参加しました

第11回食育推進全国大会に参加しました

印刷ページ

最終更新日:2016年8月19日

食育月間

 6月は食育推進基本計画で定める「食育月間」です。全国各地で食育をテーマにした行事が開催されますが、なかでも 農水省と開催地の自治体の主催により開催される「食育推進全国大会」は食育に対する国民の理解を深め、積極的な参加を促す目的で開催される 中核的なイベントです。
 平成18年から毎年6月に開催され、alicも第1回目から参加しています。

食育推進全国大会inふくしま

 今年は6月11日(土)〜12日(日)の2日間にわたり、「チャレンジふくしま!おいしくたのしく健康長寿〜復興のあゆみ。全国のみなさまへ感謝の気持ちを込めて〜」をテーマに福島県郡山市のビッグパレットふくしまで様々なイベントが開催されました。
 メインステージでは、俳優の辰巳琢郎氏が「世界に誇る福島の食」と題した特別講演を行い、来場客で会場は満席でした。

農畜産物の正しい知識を知ろう!〜alicブースより〜

 alicのブースでは「農畜産物の正しい知識を知ろう!」をテーマに、砂糖原料の生産地の様子や漂白されていると誤解されがちな砂糖の白さの理由、でん粉の原料と用途等についてパネルや模型で解説しました。
 特にブース入口に設置したさとうきびやてん菜の模型の前では、日頃、目にすることがない砂糖の原料の姿に驚くとともに「原料によって味が違うの?」、「てん菜の方が生産量が多いとは知らなかった」といった声も寄せられました。さらに畜産・野菜・砂糖・でん粉に関わるクイズをとおして、肉の部位と栄養、野菜の摂取目標などについてご紹介しました。野菜の摂取目標は、実物大の野菜の模型を使いながら説明し、実際の量を見た来場者からは「心掛けて食べないと摂取目標は達成できないね。」といった声もありました。
ブース内では親子連れや調理学校の学生がalic職員に熱心に質問をする姿もみられました。2日間とも晴天に恵まれ、会場全体の来場者数は2日間で約2万6千人(主催者発表)に達しました。
 なお、次回は平成29年6月30日(金)〜7月1日(日)に岡山県岡山市にて開催が予定されています。

クイズにチャレンジ!

熱心にパネルを見て、クイズに回答する来場者
熱心にパネルを見て、クイズに回答する来場者

 食育大会でalicブース来場者に出題したクイズのうち、正解者が少なかった問題にチャレンジしてみましょう。
【問題】 砂糖の結晶自体の色は何色でしょう?
【選択肢】
 (1)白色   (2)青色
 (3)透明   (4)茶色
 
 【答え】:(3) 透明
 砂糖は、さとうきびやてん菜を原料にして、不純物を取り除き、純度を高める「精製」により作られています。精製するのはなんにでも使える万能派の砂糖にするためです。
 砂糖の結晶自体は無色透明で、白く見えるのは、結晶の表面で光が乱反射するからです。透明な水からできる雪やかき氷が白く見えるのと同じです。漂白剤を使って白くしているのではありません。
 alicでは、消費者の方に正しい知識で食品を選んでいただきたたく、ホームページ等で情報を発信しております。
 キッズコーナーも新設し、動画コンテンツも携帯型端末で見ることが出来るようになりました。
 夏休みの自由研究などにお子様とご活用ください。

砂糖の結晶 顕微鏡写真
砂糖の結晶 顕微鏡写真

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.