[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 業務などに関する解説・紹介記事 > 野菜を上手に保存して無駄なく使い切りましょう〜ホームページコンテンツのご案内〜

野菜を上手に保存して無駄なく使い切りましょう〜ホームページコンテンツのご案内〜

印刷ページ

最終更新日:2018年4月17日

  alicでは、畜産(肉牛、豚、酪農)、野菜、砂糖、でん粉に関する業務を通じて得られた情報やこれに関連するさまざまな情報を広く提供しています。
 今年度も農畜産物を巡るさまざまな出来事がありましたが、特に今冬は野菜の価格が高騰したところです。
 高騰の原因は、昨秋の台風、11月以降の低温、干ばつなどの天候不順により、野菜の生育が遅れ、出荷量が落ち込んだことによるものです。
 多くの品目は、3月の出荷量も平年を下回って推移する見込みです。
 野菜は、天候によって作柄が変動しやすい作物なのです。
 

無駄なく野菜を使い切る〜野菜ブックの紹介〜

保存方法
 野菜は、天候の影響で価格が高くなっても、毎日の食卓に欠かせないものですから、上手に手に入れて無駄なく消費したいものです。
 皆さんは、野菜を使い切る前に腐らせてしまった経験はありませんか?
 そんなときは野菜の保存方法について見直してみてはいかがでしょうか(表参照)。保存方法を工夫することで家計にやさしく、ごみも少なくすることができます。
 ご紹介した保存方法は、ホームページの野菜ブックに掲載しています。野菜ブックでは、39品目の野菜についての保存方法の他、品種、季節別の産地、選び方、栄養など、普段の買い物時に知っていると役立つ情報が詰まっていますので是非、ご活用ください。
はくさい

広報誌について

 この他、機構について広く知ってもらうため、隔月(奇数月)で広報誌『alic』をホームページで掲載しています。食や農業に関する話題を取り上げ、関係団体や生産者などへのインタビュー記事や知っているとちょっと得した気分になれる農畜産物のまめ知識などを掲載しています。

最新情報はスマホ対応のホームページでご確認ください

スマホ画面
 alicホームページは、2月から一部がスマートフォン対応となりました。外出先などパソコンがない環境でもご覧になれますので是非ご活用ください。
 その他にホームページでは、農畜産物の特徴や料理レシピの紹介などを行っている「消費者コーナー」や子どもでも楽しめるコンテンツをまとめた「キッズコーナー」も開設しています。併せて、ご利用ください。
 
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.