[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
畜産 畜産分野の各種業務の情報、情報誌「畜産の情報」の記事、統計資料など

ホーム > 畜産 > 各種業務の実施に関する情報 > 機構による指定乳製品等の輸入・売渡し

機構による指定乳製品等の輸入・売渡し

印刷ページ

最終更新日:2012年8月25日

 当機構は、法律(加工原料乳生産者補給金等暫定措置法)の規定に基づき、指定乳製品等について、次の輸入・売渡し、一般輸入に係る指定乳製品等の買入れ・売戻しを行っています。

1 機構が取り扱う乳製品について

 当機構は、法律(畜産物の価格安定に関する法律、加工原料乳生産者補給金等暫定措置法)で定められた種類の乳製品を取扱うこととされており、これらは「指定乳製品等」と称されています。このうち、主なものは、バター、脱脂粉乳、ホエイ及び調製ホエイ、デイリースプレッドなどです。

2 指定乳製品等の輸入

 当機構が法律(加工原料乳生産者補給金等暫定措置法)の規定に基づき行う指定乳製品等の輸入には、(1)国際約束に基づく輸入と(2)価格騰貴時の輸入があります。輸入に際しては、国際約束を確実に履行し、又は価格高騰時に必要な数量を確実かつ迅速に輸入するため、当機構の業務方法書の規定等に基づき、指定輸入業者に輸入業務を委託しています。

3 指定乳製品等の売渡し

 当機構が法律(加工原料乳生産者補給金等暫定措置法)の規定に基づき行う指定乳製品等の売渡しには(1)農林水産大臣が指示する方針による売渡しと((2)価格騰貴時の売渡しがあります。売渡しは原則として一般競争入札によって行われ、機構が所有する指定乳製品等の売渡しまたは売買同時(SBS)入札による売渡しの方法がとられています。

参考 一般輸入に係る指定乳製品等の買入れ・売戻し等

 わが国は、ガット・ウルグアイ・ラウンドの国際約束に基づき、指定乳製品等の輸入を関税化し、平成7年度から、定められた関税相当量を支払えば誰でも指定乳製品等を輸入できることとなりました。これは、「指定乳製品等の一般輸入」と称されています。
 これに伴い、当機構は、法律(加工原料乳生産者補給金等暫定措置法第14条)の規定に基づき、一般輸入に係る指定乳製品等の買入れ・売戻しを行うこととなりました。
このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 畜産需給部 (担当:乳製品課)
Tel:Tel:03-3583-8603



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.