[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
消費者コーナー 「食」の安全・安心や食育に関する情報、料理レシピなど

ホーム > 消費者コーナー > 広報誌 > 【機構の動き】野菜シンポジウム〜食べて知る野菜の底力〜を開催しました

【機構の動き】野菜シンポジウム〜食べて知る野菜の底力〜を開催しました

印刷ページ

最終更新日:2013年11月6日

ピーマンの塩昆布和え
ピーマンの塩昆布和え
 8月 30 日にイイノカンファレンスホール(東京都千代田区)において野菜シンポジウムを開催しました。
 今回は調理の実演と講演の2本立てで、まず、シニア野菜ソムリエ・西村秋保氏から旬の野菜をたっぷりいただける短時間レシピを3種類ご紹介いただきました。
 千葉県立保険医療大学講師・林芙美先生の講演では「家族ぐるみで野菜摂取向上を目指して取り組もう」をテーマに野菜・果実の身体への有効性や家族で食卓を囲むことの大切さをお話いただきました。
 また、ご紹介したレシピをすぐに試していただけるように参加者にはスチームケースと旬の野菜をお持ち帰りいただきました。
 平日にもかかわらず100名以上の方にご参加いただき、「今後の食育等に参考になった」、「野菜摂取の必要性を再確認できた」などのご意見をいただきました。
 なお、「なすのごま和え」などシンポジウムでご紹介したレシピはalic発行の月報『野菜情報』 10 月号に詳しく掲載されておりますのでご参照ください。

前のページ               次のページ

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
Tel:03-3583-8196



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.